LLPの特徴

有限責任・自由な利益分配・構成員(パススルー)課税

1.構成員全員が有限責任

有限責任とは、出資者(組合員)が、出資した額の範囲を限度として、責任を負うことをいいます。

例えば、組合が1000万円の負債を負ったとしても、出資した金額が50万円だったとしたら、その50万円までしか責任を負わなくていいことになります。

この有限責任により、出資者にかかる事業上のリスクが限定されるため、事業に取り組みやすくなります。

2.損益や権限の分配が自由に決めることができるなど内部自治が徹底

内部自治とは組織の内部ルールが、法律によって詳細に定められるのではなく、出資者(組合員)自らが組織内部のルールを自由に作り、運営することができることをいいます。

  • 出資比率によらず、損益や権限の配分は出資比率に比例することなく、柔軟にできる
  • 取締役や監査役など会社機関の設置義務がないので、自由な組織設計と運営ができる

3.構成員課税(パススルー課税)の適用を受ける

法人格がある会社の場合、会社の利益に対し法人税が課税されます。また、その後出資者に分配した時点でされに出資者に課税される、二重課税が行われます。

LLPは法人格がないため、法人税が課税されず、損益の分配を受けた組合員においてのみ課税されます。これを「構成員課税(パススルー課税)」制度といいます。

組合員の損益分配割合に応じて、利益がでた場合には、利益の分配を受けた組合員に直接課税されます。

一方、損失がでた場合には、組合員が損益分配割合に応じて損失を取り込み、その組合員の他の所得とLLPの損失を通算することができます。

ただし、出資額を超える損失の取り込みはできません。

[PR]ご自身の手で、最も安く、簡単にLLPを設立したい方へ!

自分で出来る!合同会社設立キット 12,600円

自分で出来る!LLP設立キット 9,800円(税込み)

  • 少しでも安くLLP設立を済ませたい方
  • 時間があるので自分でも動ける方
  • 自分自身も会社設立手続きに携わりたいという方
  • 超特急で今日中にでもLLP設立の申請を完了させたい方

(当キットをダウンロードして手続きを進めれば、最短1日で設立手続きは完了します。)

自分で出来る!LLP設立キットでは、LLP設立手続きに必要な書類一式の雛型及び書類作成マニュアルを同梱しております。

法人設立実績1500社を超える専門家(MOYORIC行政書士合同事務所&行政書士法人WEITHNESS)が、一般の方でも簡単に設立手続きが出来るよう作成しました。どうぞご安心下さい。

詳細はこちら→自分で出来る!LLP設立キット

このページの先頭へ