LLPの組合契約書

組合契約書は、LLPの組織や運営に関する基本事項を定めた重要なものです。

2名以上の出資者は、組合契約書を作成し、当事者全員の署名または記名押印をし、それぞれで保管しておきます。

組合契約書の絶対的記載事項

組合契約書には、必ず記載しなければならない絶対的記載事項があり、これらの項目が1つでも欠けていたり、記載に不備があると組合契約書自体が無効になってしまうので注意が必要です。

<絶対的記載事項>

内部自治とは組織の内部ルールが、法律によって詳細に定められるのではなく、出資者(組合員)自らが組織内部のルールを自由に作り、運営することができることをいいます。

  • 事業
  • 名称
    ※名称中には「有限責任事業組合」という文字を使用することが必要。
  • 事務所の所在地
  • 組合員の氏名または名称および住所
  • 契約の効力発生日
  • 存続期間
    ※LLPは有期の組合契約なので、存続期間を定める必要がある。期間の延長に関する定めをすることも可能。
  • 組合員の出資の目的およびその価額
  • 事業年度

これらの項目以外にも、財産の帰属、損益の分配、加入、脱退、除名、解散といったLLPの運営について、組合員の合意内容の記載が可能です。

[PR]ご自身の手で、最も安く、簡単にLLPを設立したい方へ!

自分で出来る!合同会社設立キット 12,600円

自分で出来る!LLP設立キット 9,800円(税込み)

  • 少しでも安くLLP設立を済ませたい方
  • 時間があるので自分でも動ける方
  • 自分自身も会社設立手続きに携わりたいという方
  • 超特急で今日中にでもLLP設立の申請を完了させたい方

(当キットをダウンロードして手続きを進めれば、最短1日で設立手続きは完了します。)

自分で出来る!LLP設立キットでは、LLP設立手続きに必要な書類一式の雛型及び書類作成マニュアルを同梱しております。

法人設立実績1500社を超える専門家(MOYORIC行政書士合同事務所&行政書士法人WEITHNESS)が、一般の方でも簡単に設立手続きが出来るよう作成しました。どうぞご安心下さい。

詳細はこちら→自分で出来る!LLP設立キット

このページの先頭へ